ホワイトニングの確立で歯を傷つける心配がなくなった

by author



野菜や肉、魚といった食べ物を噛み砕くため歯の存在は重要であり、永久歯が一度抜け落ちたら再び生えてこないので大切に扱う必要があります。


咀嚼することは体内へ食べ物の栄養を吸収しやすくする他、唾液の分泌を促しダイエットや美容にも効果があるとされます。


こうした中で日々のオーラルケアは必須であり、歯ブラシや歯科医院の定期検診を怠ると虫歯や歯周病を発症する恐れがあります。

これらの病を放置すると虫歯菌が血管内に侵入して脳梗塞や脳腫瘍といった最悪死に関わる重い合併症を起こす可能性があります。



歯科医院といっても現在では多くの治療、診療内容があり葉の美しさを目的にした審美歯科や人工歯根を埋め込み失った歯の治療を試みるインプラントなどがあります。
ホワイトニングもその中の一つであり、これは1989年にアメリカで実用化された技術です。
一般に歯ブラシで自力で落とすことの出来ない歯の着色を綺麗にし、見た目を白くする方法です。

この技術が開発されるまでは歯の表面を削って上からセラミックを被せることしか出来なかったので、この方法で自分の歯をこれ以上傷つける心配がなくなりました。



ホワイトニングには歯科医院で行うものと自宅で行うものに分けられます。



この2つの長所を取り入れて組み合わせたデュアルホワイトニングというものもあり、短期間で白い歯を目指せ効果も長持ちします。

しっかり歯を白くしたい人にこの方法はおすすめですが、ホワイトニングには個人差があり元々歯が濃い体質の人はあまり白くなれない場合があります。