大人でも通院できる矯正歯科

by author



子供の時に矯正歯科を受診し、矯正を行う方が増えています。

これは子供でも歯医者に行きやすい環境が作られていることや、歯並びが悪いことによって虫歯になりやすいこと、噛み合わせに問題があると病気を引き起こすこともあることなど様々な情報が手に入りやすくなったことがあげられます。

All Aboutは絶大な支持を受けています。

子供の場合、まだあごが発達していないことが多いため、早めに矯正歯科にて治療を開始すると抜歯することなく歯並びを治すことができます。



ですが小学校高学年以降になるとあごの発達が止まるため、抜歯を行ったり、様々な器具を長い期間つけていたりしないと歯並びが改善していきません。


大人の場合、歯並びが良いと良い印象を持つため、矯正を行うケースがあります。


仕事の関係で、矯正器具をつけていると目立つこともあり躊躇してしまうこともありますが、近年では目立たない器具が普及し、多くの方が矯正を行っています。

目立たない器具を使用するには治療実績の多い矯正歯科を受診すると良いでしょう。

また、大人の歯は動きが悪く、無理に動かすと周辺の歯肉に炎症が起きたり動いてはいけない歯が動いてしまうこともあります。



歯のことに熟知している歯科医院を選ぶことも大切です。治療は長期に及ぶことが多いですが、矯正を行うと噛合わせが良くなるため、顔のゆがみが取れたり、歯磨きがしやすくなるため歯周病にもかかりにくくなったりします。


どの器具を選ぶかしっかりと相談してからはじめると安心です。